大泉洋の北海道3部作

観道楽

本業は俳優であるにも関わらず、バラエティー番組で面白いトークで活躍している大泉洋。
その本業の作品「そらのレストラン」をTSUTAYAでレンタルして観ました。

ほっこりと笑いと涙と

わたしは、日本の俳優の中でも大泉洋は大好きな俳優の一人で、これまでにも

・しあわせのパン

Bitly


・ぶどうのなみだ

Bitly


・探偵はBARにいる シリーズ

Bitly


・青天の霹靂

Bitly


・トワイライト ささらさや

Bitly


は好きな作品です。

中でも好きな「北海道シリーズ」

この新作「そらのレストラン」は、大泉洋が主演している作品の中でも最も好きな北海道シリーズの第3弾という事になるようで、TSUTAYAの棚に並ぶのを心待ちにしていました。

第1弾の「しあわせのパン」では、2012年に原田知世と共演したのですが、矢野顕子と忌野清志郎が主題歌を担当した印象がとても強かったです。

第2弾は「なみだのぶどう」。
しあわせのパンに続き、三島有紀子監督で北海道の壮大さと優しさに包まれた作品でした。
安藤裕子との共演でしたが、大杉連やきたろうのバイプレイヤーがとても印象的でした。

そしてこの第3弾「そらのレストラン」。
“パン”ときて、“ワイン”ときて、“チーズ”。
とても分かりやすい3連弾の設定です。

監督が深川栄洋に変わりましたが、北海道3部作の流れはそのままに、今回はユーモアが混ざった面白さがありました。

勝手に三部作としているけれど

期待を裏切らない、大泉洋とこの北海道3部作。
バラエティー番組で、大泉洋を見すぎてしまったせいか映画の中のところどころで“アドリブか?”というおもしろさもありました。

共演は本上まなみで、最初のシーンから訳アリっぽさの演技はストーリーに謎を作り、大好きな岡田将生も出演し、わたしの中では3部作の中で最も面白い作品になりました。

脇を固める俳優陣の演技が凄くて、小日向文世、マキタスポーツ、風吹ジュン、安藤玉恵の演技には心打たれるものがありました。

ほっこりだけでなく、皆が抱えたり背負っているもの

映画の最初は、軽快な感じでユーモアたっぷりでしたが、後半には、人はそれぞれ抱えるものを持っていて、不安も哀しみも、すぐに解決できるものではないにしろ仲間と支え合って生きていくって具合になると、涙が止まりませんでした。

勝手に3部作としてしまっていますが、この北海道シリーズは何弾でも続いていって欲しいと思っています。

現在放送中の「ノーサイド・ゲーム」

現在ドラマ放送中の「ノーサイド・ゲーム」。

主演:大泉 洋×原作:池井戸 潤(書き下ろし)とあって、自分的には見ていて色々な意味のウズウズが止まりません。

次回放送が待ちきれない事もわかっているので、我慢しながら録画で撮り貯めて見るようにしています。

このドラマのおかげで、今年2019年日本開催のラグビーワールドカップも楽しめそうです。

洋画でいうと

Bitly
Bitly

洋画だと、「ブルゴーニュで会いましょう」や「おかえり、ブルゴーニュへ」は素朴で面白かったです。


*****************************

↓ ランキングに参加中です ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
*****************************
タイトルとURLをコピーしました