続・闘い編! オヤジの大敵?共存?: 加齢口臭

物道楽

加齢体臭との闘いに続き、加齢口臭との闘いです。
どんだけ、加齢臭を気にするおやじなんだと思われるでしょうか。
あるいは、どんだけ加齢臭が凄いヤツなんだと思われるでしょうか。

自分は例外と思っていない?

実は、わたしは違うと思っているおやじはヤバいです。
加齢臭は誰にでもくっついてきます。
特に、ストレス社会と闘うおやじは、今すぐ自覚と対策を!です。

40年以上内臓を酷使しているのは間違いないので

口臭というのは、内臓と密接な関係があると聞きます。疲れやストレスがあると、各臓器は弱る為、ある程度は体の中からの影響があるらしいです。
中高年のおやじになると40年以上使ってきた臓器は使い古してきたので、別の意味で口臭に出てくると思っています。

大前提の「歯磨き」

加齢口臭対策で、まず出来ることを考えるとやはり、口内を清潔に整えることだと考えます。
やはり、食事の後の歯磨きでしょうか。
家では電子歯ブラシを使い、歯ぐきも軽くブラシするようにしています。

そして仕上げは、リステリンを使用しています。
モンダミンなどいろいろ試してみましたが、あのハーブ系の爽快感と持続感は別格だと思っています。

Amazon | [医薬部外品] 薬用 リステリン マウスウォッシュ クールミント 1000mL + おまけつき【Amazon.co.jp限定】 | LISTERINE(リステリン) | マウスウォッシュ 通販
薬用 リステリン マウスウォッシュ クールミント 1000mL + おまけつき【Amazon.co.jp限定】がマウスウォッシュストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

仕事のお昼休みに昼食を摂りますが、その後歯磨きをすることは大事な事だと思います。
わたしの職場では歯磨きをする人はあまりみかけません。
人に会うという業務についている人でも、食後の爪楊枝に頼っている人は少なくないのではないでしょうか。

でも、「この人かっこいいな」というおやじで身なりキチッと清潔感漂っている人は、職場に歯磨きセットを持ってきていて、ちゃんとゴシゴシしているのを見ます。
最初は、面倒くさいと思いましたが、今ではわたしも見習って持っていくようにしています。

Bitly

歯の健康は偉大な財産でもあるし

定期的に歯医者さんに行って、メンテナンスすることもいいと聞きます。
虫歯予防はもちろんですが、着色や歯垢を摂ることで臭いの元を取ることが出来るらしいです。
さらに笑った時の印象も良くなると思います。

わたしはフッ素の効き目があるうちにという事で、3か月に一回通うように勧められて、最近は定期メンテナンスに行くようにしています。

舌ブラシも良いらしく

そこで教えてもらったのが舌ブラシです。
口臭の原因のひとつになる雑菌を防ぐのに効果的らしく1週間に1~2回、軽く擦るだけでも充分な効果があるといわれました。

臭い+色素沈着対策

また、仕事や移動中にコーヒーのような飲み物を飲んだ後もケアが必要だと思います。
わたしは出来るだけその後、水を飲むか、うがいをするようにしています。
どちらも出来ない時は常に携帯しているガムだけでも噛むようにしています。

いろいろやってはみるものの、はたしてこれで加齢口臭対策は出来ているのかといわれると、なかなか難しいと感じています。
それでも、ただでさえおやじというだけで印象が良くないのはわかっているつもりなので、難儀な事でも加齢口臭と闘い続け、せめて清潔にすることは習慣にしていこうと思います。


*****************************

↓ ランキングに参加中です ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
*****************************
タイトルとURLをコピーしました