名作「星守る犬」と「犬と私の10の約束」

観道楽

ブサカワ犬を愛する人にとってたまらない映画があります。

「パグ アクチュアリー ~ダメな私のワンダフル・ライフ」

この映画はお勧めの1本に入ります。わたしが鼻ぺちゃ・ブサカワを可愛がっているという贔屓目はありますが、そうでない人にも、その良さが分かってもらえると信じています。
分類はラブ・コメディになっており、てんやわんやするだけの分かりやすい、ただただ微笑ましく笑っていられる内容です。

Bitly

「ハチ公物語」「HACHI」

犬が登場する映画は、いろいろありますが、その中でも犬の忠誠心を描いた感動ものがほとんどだと思います。

忠誠心といえば、やはり秋田犬でしょうか。
「ハチ公物語」をリメイクしたとされる、リチャード・ギアが主演の映画「HACHI 約束の犬」は、今でも思い出すと涙が出てきます。確かHACHIとして登場する犬も秋田犬だったと思いますが、かっこいいおやじの代表格のリチャード・ギアに撫でられて抱きしめられるシーンは世界中に秋田犬を人気者にしたのではないでしょうか。

Bitly

「犬と私の10の約束」

また、若い頃の田中麗奈と加瀬亮が主演の映画「犬と私の10の約束」では、賢いといわれるゴールデンの赤ちゃんの様子がとても可愛らしかったのを覚えています。
その映画は、子供頃に犬や猫を欲しがって親にお願いをして買ってもらった人たちにとっては、とても大切にしてほしい映画だと記憶しています。

Amazon.co.jp

生体販売をやめるペットショップの数々

あの時代よりもさらにペットの問題は大きくなって、現在は保護犬や保護猫以外は販売しないペットショップも増えているということを聞きます。買う時の責任、育てるという責任という意味で、何度もメディアに取り上げられ欲しい作品だと思います。

何度も見た「星守る犬」

名作といえば、やはり西田敏行が主演の「星守る犬」ではないでしょうか。
3回観ましたが、3回とも見事にぼろ泣きでした。

登場するのは、ハッピーという名の忠誠心の強い秋田犬でしたが、映像の中の演技ではなく本能としか思えないほどの人への愛情と寄り添う様子は感動無しでは観ることができません。

西田敏行の演技が絶妙ということもありますが、ハッピーの強い意志を、そして時には悲しさを見せるシーンでは、本物の飼い主とペットのように見えます。

Bitly

言葉が通じ合える人間同士は駆け引きや誤魔化しも出てくるだろうけど、言葉が通じない関係だからこその直球的な絆っていうのがあるのかもしれないと思うと、今自分が可愛がっている愛犬がより一層愛おしく思えてきました。

息子に怒られた!

ちなみに、この映画を息子にお勧めの1本として見せたら、観た後にめちゃくちゃ怒られました。
終始、涙が止まらなかったようです。

こういう映画は心の準備があるので、観る前に言って欲しかったということでした。

気持ちのやさしい男になって良かったです。


*****************************

↓ ランキングに参加中です ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
*****************************
タイトルとURLをコピーしました